素敵な介護生活快適化

有料老人ホームについてご紹介してます。

介護保険制度

介護保険とは、加入用件を満たした人全員が強制加入する事になっております。
したがって、医療保険、年金保険、労災保険、雇用保険に続き、5番目の社会保険制度となってます。介護保険そのものを極端に説明すると、要介護状態の予防をして、出来るだけ在宅介護を支援し、そして介護サービスを受ける際は利用者の自由選択を保障するといった事になってます。

被保険者について

被保険者は40歳以上の人で、第1号被保険者と第2号被保険者の2種類に分類されています。
第1号被保険者は65歳以上の人で、要介護状態(常に介護が必要な状態)や要支援状態(日常生活に支援が必要な状態)になった時、必要なサービスを受ける事が出来ます。

第2号被保険者は40〜64歳の人で、医療保険加入者である事が要件となってます。
第2号被保険者の方は原則的にサービスを受けることができません。
ただし、「加齢に伴って生ずる心身の変化に起因する疾病を特定疾病」と呼び、この特定疾病(15種類の特定疾患に指定されている病気)によっては、要介護状態や要支援状態になった場合にのみ、介護保険の申請をして、認定されれば被保険者証が交付され、また必要なサービスを受ける事が出来ます。

逆にいえば、64歳以下の人は、特定疾病以外では介護サービスを受けられないという事になります。そのため、給付対象はごく1部の人に限定される事になります。

保険料と利用者負担

保険料は40歳から、支払いがスタートし、一生涯続きます。

第1号被保険者の保険料は、居住する市区町村における介護サービスの普及度に応じて、所得段階別に決められいます。
第2号被保険者の場合は、それぞれ加入する医療保険制度の保険者(健保組合等)ごとに保険料総額を割り振ったうえで、各医療保険の算出方法により、保険料が決定されます。

原則として、サービスを利用する人は介護サービス費用の1割の負担をします。施設では、この他に食費や生活消耗品などの自己負担分が加わります。また、支払った費用の1部は、所得税の医療費控除の対象となっています。

pickup

最終更新日:2017/6/29